節税対策


節税対策



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

保険は 節税対策 には有効な金融商品です。 節税対策 にはいろんな手法があります。 しかし、どれも節税は可能ですが、無駄遣いに終わってしまうケースがかなりあります。 例えば社員旅行の費用も会社が持てば 節税対策 になります。これで社員の勤労意欲が高まり、 売上増につながれば良いのですが、そうでなければただの無駄遣いで、有効な 節税対策 とはいえません。 有効な 節税対策 とは、節税効果に加え、何かがリターンとして得られるもの、そしてそのリターンが 企業にとって有益なものである必要があります。損金と認められる支出は全て節税効果がありますが、意味のない損金作りは ナンセンスです。解約返戻率の高い保険は、その点で有効な 節税対策 であるといえます。 保険料は損金扱いで節税効果があり、また、しかるべき経過年数の後解約した場合、かなりの解約金が発生するからです。 節税対策 をしながら、簿外資産を形成できるわけです。 節税対策 に効果的な保険は、 定期保険・逓増定期保険・ガン保険です。これらはどれも、保険料が損金扱いとなるにもかかわらず、年数経過後の解約金も あるという 節税対策 に最適な保険です。ただし、これらの保険で 節税対策 をする際には、 注意すべき点があります。まず、保険料が全額損金扱いされないケースもあるということです。 定期保険や逓増定期保険は、加入年齢・保険期間によって、損金算入額が違ってきます。 ガン保険は払込期間によって変わります。契約形態にも注意する必要があります。 保険による 節税対策 を考える場合、最大の効果を出すためには、実質返戻率が一番の指標になります。 保険による 節税対策 において注意すべき2つめのポイントは、解約したときの返戻金は、雑所得となり、 課税対象になるということです。せっかく 節税対策 をしても、解約時にガッポリ課税されるのでは、 節税対策 の効果が薄くなってしまします。これを避けるためにも、解約予定年度に、 まとまった損金を準備しておくことが肝要です。逆に言えば、役員・従業員の退職金や設備投資などのまとまった損金が 予想される年度に解約返戻率のピークを合わせて、保険設計をすることが、 節税対策 の効果を最大にする コツです。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.