給料


給料



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

保険営業の 給料 は、多くの場合が歩合給、すなわち出来高制です。たくさん契約を挙げれば高い 給料 がもら えますし、あまり成績がよくないとほとんど 給料 がもらえないケースもあります。最低賃金は法律で決められ ているので、それを下回ることはありませんが、 給料 が最低賃金水準になれば、まず仕事を続けることは不可 能です。たくさん契約さえ挙げれば高い 給料 がもらえるかといえば、そうではありません。たくさん契約を挙 げても、たくさん解約になれば、その分 給料 は下がります。また、短期解約・失効の場合は、ペナルティーを 受け、さらに 給料 が下がります。従って、いかに優良な契約をたくさん挙げるかが 給料 を上げるカギです。 保険営業の 給与 水準はいくらかというのは、会社によっても違いますし、一概にはいえませんが、優績者とそ れ以外の人では、天と地の開きがあります。優績者であれば1000万円を超え、人によっては1億円を超える人も います。そういった優績者を除いた平均 給料 は、月収で20〜30万円といったところではないでしょうか。しか し、一般の給与所得者と異なるのは、活動経費は自腹であることです。たとえ30万円の 給料 であっても、経費 が10万円かかれば、実質 給料 は20万円しかありません。そもそも保険営業の場合は、 給料 という概念がそぐ わない面もあります。税法上、所得は事業所得であり、給与所得ではありません。 給料 というと労働時間が基 準ですが、保険営業が稼ぐ「 給料 」は労働成果が基準です。したがって、 給料 を上げようと思えば、ただし かるべき時間働くのではなく、いかに時間当たりの成果額を上げるかを考える必要があります。経費を考えると、 給料 が年間1000万円でも、決して高い 給料 とはいえません。「 給料 をもらう」という感覚ではなく、「収 入を稼ぐ」という事業家的感覚が、保険営業には絶対に必要です。保険会社によっては、人を採用すると手当て がつく場合もあります。これも 給料 ではなく、人を雇って利益を上げる経営者的発想で考えるべき所得でしょ う。保険業界では毎年人が大量に、 給料 が少なくて辞めていきます。雇う側も雇われる側もいかに営業成績を 上げ、結果として 給料 を上げ、優良な社員を増やすかを、更に真剣に考える必要があります。それが保険業界 全体の健全化に間違いなくつながります。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.