経費


経費



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

経費 は、歩合給の保険営業にはつきものです。自腹の 経費 は、その使 い方は大変重要です。ここには事業家的感覚が要求されます。事業家は、経営上収入と 経費 両方に気を配ります。これは保険営業でも同じです。この 経費 は、収入を上げるのに役立 つ 経費 なのかということをいつもチェックする必要があります。そこにあまり意識がない と、 経費 ばかり多くなり、売上が上がらないということになりかねません。また、けっこ う報酬額は増えてきたのに、何となく財布の中はいつも寂しいというのは、 経費 管理で問 題があるかもしれません。 毎年確定申告をするわけですから、できれば毎月 経費 管理をしたいものです。どんな種類 の支出があるのか、金額はいくらなのか、それは売上に役立つものか、これらのチェックを月単位でやると、 < strong>経費 を効果的に使うことも出来ますし、確定申告時バタバタしなくても済みます。売上に役 に立つかどうかの判定は、どうすればよいか? 大まかには、人付き合いにかかる 経費 な のかどうかで判別します。保険営業は人の輪を広げていくことが絶対不可欠ですから、人付き合いにかかる 経費 はケチらないことです。これをケチると、人脈がだんだん細く枯れてきます。気前よく全 ておごるなどということはする必要はありませんが、経済的にキツいという理由で、人付き合いの機会を断るこ とは、徐々に自分の首を絞めてしまいます。少々キツくても、ここは必要 経費 と割り切る ことが大事です。あくまで一般論に過ぎませんが、保険営業に携わる人は、けっこうドンブリ勘定の人が多い傾 向にあるようです。優績者で、けっこう多額の報酬を得ているはずなのに、いつもピーピー言っている人もいま す。生活レベルを上げ過ぎることが原因であるケースも多いような気がします。自分にかかるお金は、直接的に は売上に貢献するものではありませんから、程度をわきまえることも必要です。つい報酬が増えると、 経費 を使うのも気が大きくなって、必要のないところまで「 経費 」と 称して使ってしまいがちですが、本当に必要なお金なのかという意識はいつも持っていましょう。経済的リスク を回避する商品を売っている側が、経済的リスクを自分で作り出しては、身もふたもありません。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.