保険会社


保険会社



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

保険会社 には、損害 保険会社 と生命 保険会社 があります。 生命 保険会社 も分類のしかたにより、いくつかの 保険会社 に分かれます。 資本の種類で分けると、国内生保・外資系生保・損保系生保に分けられます。国内生保は「漢字生保」、 外資系生保は「カタカナ生保」、損保系生保は「ひらがな生保」と呼ばれることもあります。 保険業は国の認可事業ですから、認可を受けた会社でなければ保険事業を行うことができません。 その意味では、共済は保険ではなく、管轄も経済産業省ではありません。簡易保険もその意味においては保険ではなく、管轄も郵政省でした。郵政民営化によりかんぽ生命となり、他の 保険会社 同様、 保険会社 として新たなスタートを切りました。保険は国民生活に密接した金融商品であることもあり、 国は厳しく事業内容の監督をしています。身近な例を挙げると、ここ20年で経営破たんした 保険会社 も少なくなく、 保険会社 が破綻すると契約者は直接ダメージを受けるため、経営健全性の指標であるソルベンシーマージンの公表を 義務付けるなどの措置を講じています。 保険会社 はいくつかの販売チャネルを持っています。 古くからある伝統的な直販チャネル、外資系生保が得意とする代理店チャネル、通販チャネル、それに最近では店舗販売チャネルの 構築も盛んになってきました。店舗販売の中核をなすのが、銀行窓販です。銀行窓販は、銀行が 保険会社 と 代理店契約を結び、銀行の窓口で保険を販売するというスタイルです。 保険会社 にとっては、 莫大な顧客数を誇る銀行との提携は、大変魅力的ではありますが、既存の販売チャネルへの影響を考えると手放しでは喜べないようです。 前述したかんぽ生命の誕生も、各 保険会社 は注目して見守っています。 特に募集方法について、保険業界には募集取締法という募集方法についての厳しいルールが存在しますが、 その法律は簡易保険時代は管轄外ということで適用されませんでした。 しかしかんぽ生命という 保険会社 になり、募集取締法の対象にもなることから、 簡易保険時代のアバウトな募集方法が通用しなくなるとの強い見方も存在します。 流通系の大手企業が 保険会社 設立を計画しているという話もありますし、 既存の 保険会社 は業界の変化を注意深く見守っているといったところでしょう。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.