営業成績


営業成績



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

営業成績 は、生保営業にとっては死活問題です。いうまでもなく、 営業成績 は収入に 直接跳ね返ってくるものですから、 営業成績 が悪いと最悪仕事を続けることができなくなることを意味します。 同じ会社で、同じ保険商品を扱っていても、 営業成績 が良い人と悪い人に分かれるのは何故でしょうか? よく言われるのは、「あの人はもともと営業が得意だから」というフレーズです。 まるで 営業成績 を左右するのは才能だと言わんばかりです。 しかし、「もともと営業が得意」な人も社会に出る前から得意だったわけではありません。 社会に出た後の経験によって営業技術が培われたにすぎないのです。 営業成績 を左右するのは才能ではない ことがお分かりいただけると思います。裏返せば誰でも 営業成績 を上げることは可能だと言うことです。 「もともと営業が得意」な人が自然に培ってきた技術を磨けば良いだけの話です。 セールススキルのレベルは、 営業成績 に直結します。レベルが低ければ高くする。それだけです。 しかし、これをやろうとしないで、 営業成績 が悪くてどうしようとため息をついている人がいかに多いことか。 やれば誰でも 営業成績 があがるのに。やるかやらないかだけの話です。 それならやったほうが良いに決まっています。たまに 営業成績 が悪いのは頑張りが足りないからだと言っている 営業管理職がいますが、愚の骨頂です。ただ頑張るなどという抽象的なものを 営業成績 が悪いことの原因にしている から、いつまでたっても 営業成績 が改善されないのです。 つまらない理由付けをしている暇があれば、徹底的にセールススキルのトレーニングをすべきです。 例えば、アプローチのスキルが少し向上しただけで、 営業成績 は簡単に改善されます。 人さえ入れれば、支部の 営業成績 は上がるというのは、全く時代遅れの考え方です。 既存の戦力をいかにレベルアップするかが、 営業成績 改善のポイントです。 セールスパーソン個々の認識も変える必要があります。会社や組織が提供する研修等だけで 営業成績 が改善する と思っているセールスはいないとは思いますが、自らが自らの 営業成績 を改善する責任を負うという意識が なければ、なかなか 営業成績 アップは望めません。 営業成績 も自己責任であるという認識が、今後さらに求められると思います。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.