代理店


代理店



MDRT直伝の紹介スキルを知りたい方は今スグここをクリック⇒ 「保険営業紹介獲得の極意」

保険 代理店 といえば、以前は外資系生保の専売特許でしたが、昨今は、国内生保も 代理店 チャネルを持つようになりました。というのも、もともと生保は直販、損保は 代理店 を主力として保険を販売していたからです。生損保併売時代の到来とともに、生保を扱う 代理店 の数は一気に増えました。損保 代理店 に対し、損保系生保が、生保販売を半ば強制したからです。同じ保険といえども、生保と損保では、その販売方法は180度違うので、当時損保 代理店 は生保販売に苦労したようです。時がたつにつれ、徐々に生保販売手法を身につけた損保 代理店 の中には、生保販売でかなりの売上を挙げる 代理店 も誕生しています。 代理店 は保険会社とは雇用関係になく、 その意味で保険会社からは独立した存在です。従って、保険会社も雇用コストがかからないため、売上が上がりさえすれば、非常に優良な販売チャネルです。しかし、現実は目指す売上を達成できない保険会社が多いのも事実です。保険 代理店 には、保険会社のソリシターと呼ばれる担当者がつきますが、その担当者の能力は、売上にかなり影響を及ぼします。売上高の大きい保険 代理店 は、一社専属ではなく、通常複数社の保険を取り扱っています。複数あるなかで、どの保険会社の商品を売るかは、保険 代理店 に委ねられています。従って、保険 代理店 は、顧客にとって良い商品を選ぶことはもちろんですが、取り扱う条件の良い商品を選ぶことになります。その最大の条件とは、手数料率です。同じ保険を販売するなら、保険 代理店 が手数料率の高い保険を売りたいというのは当然でしょう。手数料にあまり差がない場合、次の選択基準は、ソリシターの能力です。ソリシターは直接保険の販売はしませんが、保険 代理店 への販売ノウハウの提供能力は、保険 代理店 が、そのソリシターが所属する保険会社の商品を選ぶ大きな決め手となります。販売手法を考えるのは、保険 代理店 の仕事ではありますが、そこに優秀なソリシターから有効と思われるアドバイスがあると、そのアドバイスに則って契約を挙げたいという心理が働くからです。保険 代理店 チャネルは、今後保険会社の売上を左右する重要なチャネルですから、優秀なソリシターを確保することが急務であると言えると思います。


<関連語句>



もう「行くところがない」とは言わせない

「保険営業紹介獲得の極意」


Copyright (C)2007  保険セールス研究会 All Rights Reserved.